イスタンブールツアー

イスタンブール

 

イスタンブール、ラテン語: Constantinopolis コーンスタンティナポールはトルコ最大の都市で、トルコの経済、文化、歴史の中心地である。人口は2千万人を擁しヨーロッパでは最大規模の都市圏 の一つで、イスタンブ一ル市域の人口は世界の大都市の市域人口の上位に含まれている。 イスタンブールはトルコに16ある大都市自治体の一つで 5千4百平方キロ の広大なエリアはイスタンブール県と同一の広がりを持ち、同県の県都である。大都市のイスタンブールはマルマラ海と黒海を結ぶボスポラス海峡を挟んで大陸間に跨った都市であり、アジア側とヨーロッパ側両方に拡がり、2大陸にまたがる大都市である。
歴史の長いイスタンブールは、
٭ ローマ帝国 【330-395】、
٭ ビザンティン帝国 【395-1204】、
٭ ラテン帝国 【1204-1261】、
٭ ビザンティン帝国 【1261-1453】、
٭ オスマン帝国 【1453-1922】
と4つの帝国の首都であった。1453年にオスマン帝国により都市が征服され、征服後はイスラムの中心やオスマンのカリフの中心に変わった。
その後1923年、トルコ共和国がアンカラを新しい首都に制定したが、宮殿や帝国のモスクは今でもイスタンブールの丘に見ることが出来、イスタンブールの以前の中心的な役割を想起させる遺産となっている。

 

イスタンブールツアー1

fytist1

 

午前中

9時ホテルロビーお迎え、エミノニュへ移動し、
٭ エジプシャンバザール
٭ ルステムパシャ·モスク歴史を観光後
٭ 一時間半のボスポラスクルーズ
٭ 旧市街へ戻り、昼食の休憩は、ブルーモスクの眺めのテラスレストランで、トルコ式ピザ2つと伝統的な水ヨーグルトのアイランの楽しみ
【お客様のご希望によりロカンタでの昼食でも可能です】。

 

午後

٭ トプカプ宮殿【火曜日はトプカプ宮殿は休館日のため、アヤソフィア宮殿へご案内させて頂きます】
٭ 地下宮殿
٭ ブルーモスク
٭ 競馬場広場
٭ ホテルまでのお見送りご解散。是非ご参加ください!

イスタンブールツアー2

fytist1

 

午前中

9時ホテルロビーお迎え、
٭ 歩いて、グランドバザールへ。
٭ スレイマーニエモスク。
٭ オスマントルコ時代から続く問屋街を通ってエミノニュへ歩きます。
٭ エジプシャンバザール【オプショナル】
٭ 船に乗ってアジアがわへわたって、おだやかの町のカドキョイの散歩。
٭ トルココーヒー名物カドキョイではコーヒー休憩いかがですか【サービスです!】。
٭ 乗り合いタクシーに乗って、ヨーロッパがわへむかいます【第一ボスポラス橋の上からの景色がとても美しiです】。

 

午後

٭ タクシム広場へ到着後、昼食休憩です。
トルコの伝統的なぬれハンバーガーにレモネードの昼食後、【食べ過ぎはダメです!ぬれハンバーガーのあとは、
ムール貝を食べに向かいます ;) 】。
٭ さかな市場でのムール貝をたべます。
٭ フランス町では、 一杯ずつお茶でもいかがですか 【サービスです】!
٭ 歩いてガラタ塔の下を通って【ガラタ塔見学は、スケジュールには入ってません】ホテルへ向かいます。
٭ ガラタ橋を渡って、ホテル到着後、解散です。

イスタンブールツアー3

fytist3

 

午前中

9時ホテルロビーお迎え、
٭ 市街電車で、ドルマバフチェ宮殿へ。
٭ 歩いて、ガラタ橋渡り、
٭ 一時間半のボスポラスクルーズ
٭ 昼食の休憩は、すぐその場で、鯖サンドの楽しみ。

 

午後

٭ タクシーにのって、ピエールロティの丘にいどうします。丘に登るのに ケーブルカーを使います。つきましたらピエールロティの美しい眺めを見ながらいっぱいずつちゃい
【お茶】でものみちゃい?:) 【サービスです】
【お客様のご希望により金角湾の眺めのピエールロティのかわりにボスフォラス眺めのチャムルジャてっぺんのご案内も可能です】
٭ アヤソフィア、
٭ グランド・バザール、
٭ ホテルまでのお見送りご解散。是非ご参加ください!

ご注意ください:
ツアー代金に含まれるもの;
* ガイド料、入場料、昼食、ツアーに関するのりものはツアー代金に含まれてオリ、お値段は1名様ようとされております。
* お支払いは後払いとされております。

ツアー参加に関する注意事項:
* 観光する順番は、コースの進行状況などによって、入替えになる場合があります。
* ご覧の街案内は旅行会社と関係がなく、個人ガイドツアーとされ、お支払いのほうは現金だけとされております。
是非ご参加ください!

トルコ現地ツアーガイドイスタンブール現地ツアーガイドworld-guide-ass